自己破産時の保険の扱いは掛け捨て型か解約返戻金があるかで決まる!

 

自己破産をする時、加入している生命保険や医療保険、地震保険などは一体どうなるのか、と気になる人も多いことでしょう。
せっかく払い続けてきたので、解約せず破産した後も加入し続けたい、と思う人も多いはずです。

 

自己破産をする時の保険の扱いについて、詳しく見ていきましょう。

 

結論から言いますと、自己破産をする時に加入している保険は、掛け捨て型は解約の必要はなく、解約返戻金のあるタイプの保険は解約の必要があるケースが多い、ということになります。

 

解約返戻金は、貯蓄と同じですから、解約返戻金部分が資産とみなされ、清算の対象となります。
つまり、必ずしも解約を強制されることはないものの、解約返戻金相当の現金を用意しなければならない、ということです。

 

そもそも自己破産では99万円以上の財産を残すことはできませんから、解約返戻金が99万円を超えるなら、解約して清算するしかありません。
教育資金の貯蓄を目的とする学資保険も、当然清算の対象となります。

 

受取人は子供ですが、保険料を支払っているのは親ですから、学資保険の解約返戻金は親の資産という扱いになります。
このように、自己破産は借金を清算することができる代わりに、持っている資産を処分しなければならないというデメリットがあります。

 

処分しなくても良い財産は99万円以下の現金、生活必需品などであり、これを自由財産と言います。
但し、処分されると自己破産後の生活に著しく支障が生じるような場合には、自由財産の拡張を申し立てることができることになっています。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

自己破産手続きとその後の生活