自己破産はデメリットある?家族・車・仕事への影響は?

 

自身の債権が増えすぎて返済しきれない場合、現状を打破するために破産を行うのも一つの手段となるでしょう。
自己破産と聞くとネガティブなイメージが多くあると思いますが、必ずしも悪いことではありません。

 

きっと債権を抱えている人は、日頃から債権者からの電話や取立てに頭を悩ましている方も多いと思います。
必然的に日頃のストレスを膨大に負荷する事に繋がります。

 

中には返済に集中しすぎてまともな生活を行っていない人も多くいるでしょう。
自己破産のメリットとして、これらを開放してくれます。

 

裁判所にて所定の手続きを行うことによって今までの債権を無しにしてくれます。
給与も生活の為に使用する事が出来るのです。

 

しかしもちろん普段の生活と違い、デメリットとして制限がかけられる事も忘れてはいけません。
まず社会的信用が無くなるので、ローンやクレジットカード等の契約を行うことは出来なくなります。

 

長期の旅行や引越しを行うときも裁判所に許可が必要になるデメリットもあります。
免責になってから7年後までは、再度の免責も出来ないので慎ましい生活を心がける必要があります。

 

自己破産を行うには条件もありますので、もし手続きを考えている場合は司法書士や弁護士等の専門化を通して申請を行ったほうが確実でしょう。
また手続きを行うにもお金がかかるデメリットを覚えておきましょう。

 

自己破産のメリットとデメリット

 

自己破産の手続きを選ぼうとしている方は、自己破産の手続きにおいてのメリットとデメリットの両方をよく理解しておくという事が必要になってきます。

 

自己破産の手続きにおいて、借金がなくなるという魅力ばかりに着目している人がいたら、もっと厳密に自己破産の手続きについての理解を深める必要があります。

 

自己破産の手続きというのは、確かに、借金がなくなるというようなメリットもありますが、それと同時に、自分の財産を全て失う事もあるという事にもなるのです。

 

メリットがあれば必ずデメリットもあります。
自己破産の手続きにおいてのデメリットの中には、ご自分にとって不都合になるような事もあるはずです。

 

例えば、官報によって、自己破産をした旨が、名前と共に公になってしまいます。そのため、自己破産の手続きが完了した後も、しばらくは金融と取引ができなかったり、一定の職に就く事ができなかったりと、資格制限が与えられてしまうという事がありますので、そのへんもしっかりと理解した上で自己破産の手続きをしていかなければなりません。

 

後になって、そんな事は知らなかったという事がないように、きちんと依頼先の弁護士の方とも相談を重ねていき、自己破産の手続きについて、不明点がないようにしていくべきだと言えます。

 

人によって、自己破産の手続きを軽く考えてしまうという方もいますが、自己破産の手続きによって、知られたくない事が周囲に知れてしまうというデメリットもあるのです。

 

自己破産のデメリット、その後の生活への影響

 

借金をしていて、毎月の金策や毎日の生活に苦労していると、とても心細い気持ちで生きていかなければなりません。

 

そんな状態がずっと続くのであれば、いっそ自己破産をしてしまい、心機一転、新しい人生を始めるのが良いのでしょう。

 

ただ、簡単に破産をして新しい生活をというけれど、安易な道を歩んでも良いものなのでしょうか。
不安があります。

 

そこで、自己破産で考えられるデメリットについて考えたいと思います。

 

自己破産のデメリットその1.クレジットカードが作れない

まず1つ目です。
破産後最長10年程度はローンを組んだりクレジットカードを作ることができません。
自己破産をして財産がない状態なのですから、これは思っているよりも響いてくるかもしれません。
実質大きな物を買うことができないということになります。

 

自己破産のデメリットその2.家族への影響

次のデメリットが、連帯保証人の債務は残るということです。
自分は自己破産をして、すっきり新しい生活をスタートしたは良いけれど、連帯保証人になっている家族は、かつての自分と同じような不安な毎日を過ごし続けるというのは、人の道を踏み外していると言われても過言ではありません。
家族が連帯保証人になっているなら、自己破産をする前に十分に話し合いをするべきでしょう。

 

自己破産のデメリットその3.車・家・預金など所有財産の処分

最後になりますが、財産がなくなります。
車、家、有価証券など全て亡くなります。
当面の住まいなどの見込がないと厳しいスタートになるかもしれません。

 

自己破産のデメリットまとめ

主なデメリットを挙げました。
簡単には自己破産はできないなと感じてしまうかもしれません。

 

ただ裏を返せば、上述したデメリットを丁寧に考慮した上で、問題がないと判断ができた場合には、破産へ踏み切っても良いということではないでしょうか。
一度じっくり自己破産について検討してみると道が開けてくるかもしれません。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

自己破産手続きとその後の生活