自己破産体験談|手取り20万、返済12万の借金苦生活の末路!

 

お金を借りて返済するのは、本当に苦しいです。
借金苦生活とは、まさに私の状態のようなことだと思います。
借入の合計額は、300万円です。

 

金額そのものは低いですが、毎月の支払額が多いので、給料後にすぐお金がなくなります。
私が思う借金苦とは、毎月の支払いでヒーヒー言っている人を指します。

 

よくある話ですが、大企業の社長は何億もの借金があっても平然としています。
このカラクリは、毎月の返済額は無理のない設定がされているからです。

 

しかし、私は違います。
手取り額が20万円です。
そこから返済に12万円です。

 

これでは当然、借金苦生活で困窮してしまいます。
いかに一般のクレジットカードの利息が、高く設定されているかが分かります。

 

この12万円の内、4万円が元金に充当されます。
利息ばかりで、元金が減っていないことがわかります。
こんな借金苦生活を3年続けています。

 

消費者金融がよく、【ご利用は計画的に】と言いますが本当です。
返済も計画的にしなければ絶対に終わりません。

 

私の場合は12社から借りていますのでまずは、小さい金額の借入先から完済を目指しました。
そうしていくうちに、小額の借り入れがある借入先の返済は、何とか終わりました。

 

ところが、大きい金額を借りていると、その金額に利息がかかります。
少額の借入を返している間に、大きな借入先の金額は更に膨らんでしまいました。
すべてを完済をするには、計画性が必要だったのです。

 

私の場合、少ないながらも働いて収入があります。
このままでは生活保護の申請もできません。
働いても報われません。

 

いっそのこと自己破産をしたほうが楽になるかもしれないと考えるようになりました。
そうすれば、支払いから解放されます。

 

そういうことで、弁護士に相談して自己破産、返済から解放されて、とても楽になりました。

 

借金苦生活から抜け出すための自己破産

 

仕事の収入が安定していなかったり、収入が少なすぎると、毎月赤字になり、必要に応じて借金をしなければいけなくなってしまいます。
手元に現金がない場合、クレジットカードを利用して生活費に充てたりしなければなりません。

 

しかし、収入が増えて、すぐに解決できれば良いのですが、就職難の世の中ではなかなか希望の仕事に就けないこともあります。
すると生活費の他に、借金返済が加算されてしまい、支払に追われる生活になってしまいます。

 

税金の支払いは後回しにする人もいるようですが、遅らせれば贈らせるほど遅延金や利息がついてしまいます。
度の支払いも結局は払っていかないといけません。

 

キャッシングの利用限度額が決まってからは、お金を借りて返済に充てていたのが、できなくなってしまいました。
そうなると、結局は身内などに援助してもらうか、自己破産するしか方法がありません。

 

一番良いことは借入をしないことなのですが、借金苦生活中はそんなことも言ってられません。
借入が増えてきたら、自己破産しないためにも、早めに誰かに相談するべきだと思います。

 

また、借金苦生活も習慣なので、そこから抜け出すためには、新しいローンを作らない道を選択していくしかないと思います。
私の場合は、すでに手遅れの状態でした。

 

自力で頑張って借金苦生活から抜け出すにも、タイミングがあります。
そのタイミング、具体的には借入金額ですが、そこを過ぎたら自己破産しかありません。

 

ただ、自己破産すれば楽になります。
自己破産すると、借金苦生活から解放されて、清々しい気持ちになりました、
自分自身で体験したことですので、間違いないですね。

自己破産は、消費者側に立ってちゃんと相談できる法律事務所を選ぶ事が大切ですが、いきなり弁護士と面談するのは勇気が必要ですよね。

当サイトでは、匿名・無料で利用できる診断シミュレーターで、解決可能かどうか調べてみることをおすすめします。

自己破産手続きとその後の生活